読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

運にまかせれば、なんとかなる。

自信や実力がなくても、運にまかせさえすれば、乗り越えられる。

番外編6

電車は

ワンマンの

2輌編成。

 

途中で降りられるのは

運転手さんのいる

一番前の扉だけ。

 

私は

終点まで行きます。

 

あえて

後ろの車両の、

一番後ろに

陣取りました。

 

やっぱり。

 

こちらの車両には

誰も乗りません。

 

f:id:hideyuki1588183:20160623121316j:image

 

他人の目を気にせず

写真が撮れます。

 

f:id:hideyuki1588183:20160623122123j:image

 

f:id:hideyuki1588183:20160623122223j:image

 

f:id:hideyuki1588183:20160623122233j:image

 

遠足ではしゃぐ

子ども状態。

 

 

あれ?

 

停車する車窓に

人がいるではないですか。

 

それも

おばさまの団体。

 

そっか、

大きな駅では

乗車券の回収は

改札口を利用するのか。

 

油断してた。

 

車内は

一気に

賑やかになりました。

 

そして

昼食タイムスタート。

 

目や耳だけでなく、

鼻までも

楽しませて下さるのですね。

 

それからの私は

静かに

お行儀よく座りました。