運にまかせれば、なんとかなる。

自信や実力がなくても、運にまかせさえすれば、乗り越えられる。

おまけ

おなか

すいた。

 

今治駅前から

お店を探します。

 

無い。

って言うか

お休み。

 

祝日だから?

 

せっかくだから

コンビニじゃなくて

お店がいいな〜

 

なんて

思っていると

 

魅惑的?

あやしい?

 

紅い

看板が…

 

でも

中華料理屋さん。

 

 

入るしかないでしょ。

 

「いらっしゃいませ〜」

 

明らかに

本場なまり?の

日本語。

 

綺麗な

女性です。

 

日本語

ペラペラ。

 

でも

厨房で話すのは

中国語。

 

もちろん

厨房内の会話は

すべて

中国語!

 

感動!

 

ちょっと

イタズラしました。

 

「シャオチェ」

 

ニコッっと笑った

彼女が注文を

とりにきます。

 

久しぶりに

頭フル回転。

 

勉強した

中国語を思い出します。

 

でも

普通に

日本語で会話。

 

期待ハズレ。

 

そうだよねー

 

出された

料理を食べて

おとなしく帰りましょ。

 

お会計。

 

「北京語お上手ですね」

 

「えっ?」

 

「綺麗な発音ですね」

 

「エエ〜、そうですか」

 

それからしばし

話してしまいました。

 

下手な

中国語を、

ずいぶんと

披露…

 

他にお客さんが

居なかったので(汗)

 

完全に

こころ

わし摑みされました。

 

よかった…

お遍路の途中で(笑)

 

でもね、

 

これって

 

粋な

 

コミュニケーション術かも。

 

時間差攻撃(笑)

 

いつか

使ってみたい(笑)(笑)

 

f:id:hideyuki1588183:20160718215818j:image

 

「シャオチェ」

って

「すみません」

と、

話しかける時の

きっかけになる

言葉です。